足の形状によっては手加工が必要

ねじりコイルバネの足の形状によっては手加工で対応する場合もあります。

 

ねじりコイルバネの足の形状はほとんどの場合、マシンで一発加工が

可能なのですが、稀に手加工で歪をとったり成型したりする事も多いです。

写真のバネは足の丸部分の先端にどうしても歪ができてしまうので、

二次工程で矯正します。

 

 

お問い合わせ・お見積りはこちら

 

 

 

製作対応範囲はこちら

お問い合わせ

pagetop